実績一覧

「柳瀬地区配水管布設第1号工事」

image

所沢市東所沢二丁目地内の水道管老朽化に伴い新しい水道管を入れ替える工事です。水道管の衛生向上並びに耐震性を向上させるものです。

平成26年8月8日~平成27年3月13日

工事点数 81点

2015年11月25日

「市道5-106号線改良舗装工事」

5-106

所沢市大字久米地内の市道5-106号線道路を拡幅し歩行者専用道路を設置する工事です。地域の安全安心(児童)並びに交通の円滑化を向上させるものです。

平成26年10月14日~平成27年2月27日

工事点数 81点

2015年11月25日

「南永井地内下水管布設工事」

image2

所沢市南永井地内の下水道管を新設する工事です。下水道本管を新設することで格段に地域の衛生環境の向上が期待されるものです。

平成27年6月8日~平成27年9月30日

工事点数 80点

2015年12月08日

【県道所沢青梅線下水管布設工事】

image5

 所沢市坂の下地内の下水道管を新設する工事です。下水道本管を新設することで格段に地域の衛生環境の向上が期待されるものです。

 県道上の工事で交通量が非常に多く、その中でも大型車両の通行量が多い場所での工事でした。在来の開削工法ではなく推進工法での施工で一部カーブ推進となっており湧水の可能性大、交通事故防止及びカーブ推進の出来形管理に気を使った現場でした。

平成27年8月12日~平成28年3月31日

工事点数 81点

2016年04月05日

【市道2-1153号線ほか2路線下水管布設工事】

image6

 所沢市坂の下地内の下水道管を新設する工事です。下水道本管を新設することで格段に地域の衛生環境の向上が期待されるものです。

 県道をまたぎ3路線を開削工法で施工する工事でした。現地調査及び当社の実績情報を基に水位がかなり高く施工時の水対策及び工法、また掘削深さも3mを超える非常に難易度の高い工事でした。工法検討、安全、工程管理に気を使い密に発注者と協議を繰り返し工事を完成させました。

平成27年9月2日~平成28年3月31日

工事点数 79点

2016年04月05日

「坂之下地内下水管布設工事」

RIMG0042

 所沢市坂之下地内の下水道管を新設する工事です。下水道本管を新設することで格段に地域の衛生環境の向上が期待されるものです。

 県道所沢青梅線から清瀬市運動公園へ向かう交通量の多い路線で夜間工事であった。また、ガス管(φ300mmの中圧管)が近接しており、地下水位も高く掘削深さも3mを超える非常に難易度の高い工事でした。そんな中、工法検討、安全、工程管理を密に発注者と協議し迂回路等の確保を行い無事完成させました。

平成28年6月7日~平成29年2月28日

工事点数 80点                   

2017年04月18日

「柳瀬地区配水管更新第5号工事」

2

 本工事は柳瀬地区の老朽化した水道本管を衛生的に尚且つ耐震性に優れたNS管に入れ替え地域へ美味しく安全な水を供給する工事でした。

 当工区は小学校が近接し東所沢駅への通勤、通学客が多い住宅街です。また、同様の工事が他3工区行われていました。そのような環境で児童に対する気配り交通規制、他工区との連絡調整を特に管理する必要がありました。そこで、工事お知らせのビラを節目ごとにポスティング、日常でお客様への声かけや工事説明、現場見学をしてもらい工事の理解を深めてもらい協力いただきました。そして無事工事を完成することができました。

平成28年9月15日~平成29年3月15日

工事点数 80点

2017年04月26日

「柳瀬地区配水管更新第8号工事」

RIMG1

【女性技術者が活躍しています。】所沢市の古くなった水道管を地震に強い(耐震管)に取り替える工事です。

工事期間中にお客様の家で断水の影響が最小限になるように、仮の配水管を使って水道水をお届けしながら、新しい管の設置をしていくため、同じ区間を繰り返し掘削・埋め戻しをしながら段階的に工事を進めていく物でした。近隣に小学校と児童館があり閑静な住宅街であったので、安全、騒音、清掃、笑顔に心掛けました。

平成28年9月15日~平成29年3月15日

工事点数 80点

2017年04月26日

「松井地区配水管更新第1号工事」

RIMG0110

松井地区の古くなった水道管を地震に強い(耐震管)に入れ替える工事です。

 当工区は小学校、中学校、保育園などの教育施設に隣接しており東所沢駅に行く為の通勤通学路であった。今回、特に安全施設(誘導員)に気をくばり通行の妨げなく安全に歩行、通行してもらえるよう計画した。また、保安帯の作業前設置の徹底及び誘導員同士の情報共有の教育を行い交通管理をおこなった。
 凍結工法、不断水工法(コスモバルブ、簡易仕切弁、止水工)等の工法が採用されてお              り段取りロスが発生しないよう工程管理に取り組んだ、結果予定工期どおり進捗し無事故              無災害で工事を竣工することだ出来た。 

平成29年8月10日~平成30年2月28日

工事点数 80点

2018年06月27日

「坂之下地内下水管布設工事」

RIMG0007

坂之下地内の下水管を新設する工事です。下水管を新設することで地域の衛生状況の改善が期待されます。

 当工区は河川脇で沼地を埋め立て区画した場所であり、非常に地層の把握が困難な条件であった。対策として事前調査を密に行い発注者と協議を重ね工法や施工手順を詳細に定め随時検討する形で担当者の高いスキルが要求される工事であった。


平成29年6月29日~平成30年3月16日

工事点数 79点

2018年06月27日